スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月30日 議会運営委員会 

デジカメが壊れました!!!!悲しい…。さようならペンタックス。
来月には新しいのを買いたい。RICOH GXR、Canon G12、FinePix X100…悩む。
でも、お金ないや…
こんばんは村上です。

 今日は、議会運営委員会の傍聴をしました。
今回の議運の協議内容は、審議日程や質疑、一般質問の順序の決定、そして議案概要の説明。
執行部によるの議案説明の内容についてはさっぱりわかりませんでした!
船橋市の予算の資料を眺めても、何もピンときません。あたりまえです。
役所の各課が「予算が××億円必要なんですけど、金使って良いでしょうか!」と言ってるわけです。
今の私にわかるわけない!
議会が始まる前に、もっと勉強しようと心に決めました。。

 こうして考えてみると、市会議員は大変難しい立場に置かれていると思います。
市会議員が市民感覚を持ち続けることは大切ですが、行政執行部とやりあうには、議員に相当広範囲かつ専門的な知識が必要で、プロフェッショナル性が必要なはずです。
だからといって、市民目線から離れたプロの域に達してもいけない。
普通の市民感覚を持ちつつ、プロの行政に物申すのは容易なことではないですよね。
地方議員が権威ある職業であり続けるためには、この辺のバランスが非常に難しく大事なのではないかなと思います。

 さて、議案説明に関してはちんぷんかんぷんだった村上ですが、発議案についての話は魅力的に感じました。
(議員提案の議案のことをいいます)
市会議員は、発議案として意見書を、内閣総理大臣や政府各機関などに提出することができるそうです!
市議会も国政にかかわることが出来るのですね。すごいや。
 そして今回自由市政会は、意見書「野田新内閣に早期の解散を求める決議案」を、内閣総理大臣に提出する意向です。素敵!
しかしここで想定外の事態。なんと私村上が、この意見書の作成をお手伝いすることになりました。正直荷が重いです日色議員…!
明日までの課題です。どうなる村上。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。