スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは。今日はいつになく寒いですね。

駅頭とポスティングを続けていたら寒さに慣れてきたコタローです。

今日はJR西船橋駅前にて駅頭をし、その後「地獄の」ポスティングをして参りました。

海神4丁目には全て配り終え、5丁目には途中まで配ったのですが…、
何しろ例年になく寒い上に雪まで降る中、我々は計5時間も配り続けていたので、体力が思い切り削られちゃいました。
(日色議員が途中で「雪が病まないから今日はもう終わりにしよう」とメールを送って下さったのですが、
私は自己ノルマを達成した後に初めてメールに気付きました。)

そして、事務所に戻った後に日色議員からいただいたチョコを一人で頬張り、今後の予定を伺ったところで今日のインターンは終了となりました。


以下、雑記になります。

「獲得された無力感」

人間や犬などは、どうあがいても状況を改善できない経験をすると、「自分には状況を改善できない」と思うようになります。
この感情を「獲得された無力感」と呼びます。
この感情を持つと、状況が改善できるようになっても改善するための行動をする気が起きなくなります。

これは以下の実験で証明されています。
――
二匹の犬をそれぞれ「①電流が流れるがある行動をとると電流が止まる箱」と「②何をしても電流が止まることがない箱」の中に置き、電流を流した。
そして、何回か電流を流して犬に行動させた後、両方の犬を「ある行動を取ると電流が止まる箱」に移した。
①の箱にいた犬はすぐに行動して電流を止めたが、②の箱にいた犬は電流を止めるために行動することがなかった。
――

もしかして、今の日本人の多くは政治に関して無力感を持っているんでしょうかね?
もしこの仮説が正しければ、日本人は今すぐ状況を再確認し、どのように行動できるかを考える方が良いです。

今は一昔前と違い、ネットという手段を用いて自分から社会に情報を発信することができます。
つまり、今では気軽に自分が社会に影響を与えることができるのです。
政治関係にしたって同じです。
自分の意見をバンバン言えば世論に影響を与えることもありますし、ひいては政治にも良い影響を与えることができるのです。

日色議員が仰る通り、「待っていたって始まらない」のです。


長々とお付き合いくださり、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。